東日本大震災、被災者の現状

東日本大震災、被災者の現状

2011年3月11日から現在までで、出来る事、知っておきたいことなど…

東日本大震災、被災者の現状

完全な復興とは・・

歯科恐怖症のひとも治療が受けられるような、環境・サービスの整備・無痛治療を実施するための設備、技術を備えています。パルコデンタルクリニック さいたま市 歯科の治療は極力抜かずにもたせることを基本スタイルとします。

避難民の今後

これから先

色々な問題が沸き上がっている中で、現状打開しなければならないのは避難民の状況改善と唱える声もある。福島県の場合、いまだこの県では内外合わせて今年2015年3月の時点で12万人もの避難民が存在している。この中にはいつか自宅に帰ることを希望している人もいる、だがその願いは現在まで阻まれ続けている。理由に上げられるのは、原子力発電所の事故による放射能汚染により土壌は愚か周辺一帯が人が住める場所ではなくなっているからだ。かのロシアで発生した原子力発電所の事故でも同様だった。この事件によってまともに対処できないまま現在まで放逐され、周辺地域で人が住めるようになるまでおよそ1世紀近い時間を要するとも言われる。

福島県もそういう状況にある、だがかつてのロシアと違うのは技術的に進歩していること、日本も原子力に関しての研究を専門的に行う機関も存在しているため、かつてと比べれば被害を最小限に抑えられている。ですがそれも完璧ではない、放射能除染についても完璧に脅威を拭い去れないとなれば見方も変わってくる。ですが地元の人達にすれば、全てを投げ出してきた先祖代々の土地へと帰りたいと思うのは自然なことだ。その願いを叶えようとしている動きも見られるが、中々どうして難しい問題となっている。

除染が終わっても次に行わなくてはならない点は山ほど残されている、人がろくに近づくことすら許可されていない地域において、他の地域に行われている片付けも進行していない点を考慮すると、地元の惨状はどの被災地よりも酷いなどという言葉で言い表せない程なのかもしれない。

防災意識を風化させてはいけない!
人気資格として男女関係なく、社会に出た際に役立つと言われ続けている秘書検定。 こちらをお持ちでなくても秘書求人にはご応募できます、必要なのはあなたが秘書として覚悟ができるかどうか、です!

福島県が抱える問題

福島県が抱えている問題は原子力発電所、それによって引き起こされた放射能に関する問題ばかりではない。その他の被災地と同様に公共インフラを始めとした施設整備なども一向に進展していないため、被災者の多くが歯噛みをしている。この点が福島県の人々が復興はいまだ進んでいないと思えてしまう要点でもある。だが国としても作業員を放射能汚染が深刻なレベルで蔓延している地域に作業員を向かわせられる、そんな無神経なことは出来ない。まずは地道に除染して少しずつエリアを拡大させていかなくてはならない。その作業も発生してから4年近い時間の中で行われてきた結果、それまで帰宅が許可されていなかった一部地域では一時帰宅が許可されるなどの動きも見せている。

福島県が現在解決しなければならない問題としてあげられるのは、

  • 復興住宅の完成
  • 道路を始めとする交通機関の整備
  • 一次産業の復旧

といった点だ。避難民についてはどの被災地でも現状は変わらない、だが福島県の場合は『放射能』という言葉1つで何もかもが決めつけられてしまうため、風評被害も絶えない。除染が行えなければいまだ交通機関で復旧の見通しすら立っていない地域での整備も計画できず、漁業や酪農を始めとした産業においても岩手と宮城に比べれば復旧までの道程は険しく遠い。本格的に復興するとなると、福島の場合それこそ10年という時間ですら足りないだろう。少なく見積もったとしても、半世紀とまではいかなくてもそれくらいの時間を要する、そのことに気づいている人も多いと思う。

まだまだ必要です!あなたの支援!

生じる亀裂

福島に住む人々にとって自分たちの生活の場をいきなり他へと移すこと、それは困難だ。先ほども話したが、一度根を下ろした場所から離れるというのはそれはすべてを失う事を意味している。そんな決断を下せる人は、親族という頼れる人がいるから出来る選択だろう。独り身で、これからもずっとこの土地で生活していくと決めていた人がこれまでと同じ生き方ができないと言われて納得できるわけない。ある酪農家にとって家族も同然だった牛達を置いて避難しなければならかった、そんな苦渋の決断を強いられた人もいる。

失ったものは大きい、いくら補助金や賠償金といったものを支給されても自失したものは二度と戻らない、お金を持ってして解決できる自体でもない。残された人々はどんなことがあっても残った自宅への帰還を希望し、新しい生き方を模索するためにまちづくりへと励んでいく。涙ぐましい努力が見られる場面も、復興事業が進展しなければ解決できない面もある。それを無下にすることも出来ないが、復興までの足取りが途絶えないよう訴え続けている人々の姿があることを忘れてはいけない。

風化させてはいけない、そう訴えている人はそんな点を挙げているのかもしれないが、一部の人間によってそれがねじ曲げられてしまっているとしたらどうなるか。被災者に対して良くない感情を持っている人もいる、ただそれも言ってしまえば人間的にいうところの堕落に近い部分に当てはまっている。